面白いは最強。「ハッタリの流儀」

面白いは最強。「ハッタリの流儀」
  • 面白いは最強。遊びと仕事と学びは同じ。全てを融合させ人生を楽しみ尽くそう。
  • 人と会う時は事前に相手のことを調べておこう。
  • 良きハッタリは今までのレールの外にあると考えよう。
  • 親の価値観は30年古いということを知っておこう。
  • 誰しも自分以外のことに関心がない、ということを知っておこう。
  • 学んでからやるのではなく、やりながら学んでいこう。
  • 自分で一から解決法を生み出そうとするのはやめよう。時間の無駄。
  • 「この人いいな」と思ったら、ドンドン真似しよう。
  • 好きなことをやろう。好きなことなら消費者の立場で考えられる。
  • 根拠なく自信を持ち、チャンスを掴もう。辻褄なんて後から合わせればいい。
  • 「面白そう」「楽しそう」と思った瞬間に動き出そう。
  • ハッタリとはできると言って辻褄を合わせる「覚悟」のこと。積み重なると「信用」に変わる。
  • 「楽ができるのは努力の後」だと知っておこう。努力が楽しくないうちはあまい。
  • これからは労働はオワコンになり「遊び」の時代になる。本能のままに生きよう。